MENU

スポーツ障害・外傷

スポーツによる怪我の種類

スポーツによって起きる怪我は大きく分けると、捻挫や突き指など外部からの力により突発的に起きる『スポーツ外傷』と、長期間同じ動きをすることによって特定の部位に負担が掛かり発生する『スポーツ障害』(テニス肘など)に分かれます。

スポーツ障害の場合はフォームの見直しなど、今までと体の使い方・動かし方を良い状態に変化させる必要がある為、湿布を貼っておけばそのうちよくなる、と言った怪我ではありません。

スポーツ外傷

スポーツ中に起きる突発的な怪我をスポーツ外傷と呼びます。
早期回復には、怪我が起きてしまった後の処置が非常に重要です。

【スポーツ外傷の例】
足首の捻挫(サッカー・バスケットボールなど)・突き指(バレーボールなど)・肩の脱臼(ラグビー・柔道など)

スポーツ障害

長期間にわたり、同じ動作を繰り返すことにより発生するのがスポーツ障害です。
使いすぎ症候群とも呼ばれ、運動動作の見直しやトレーニング内容を変更しなければ根本的な解決に至りません。

【スポーツ外傷の例】
野球肩(野球)・テニス肘(テニス)・シンスプリント(陸上競技・バスケットボールなど)・ジャンパー膝(バレーボールなど)

RICE(ライス)処置

RICE(ライス)処置とは、Rest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、打撲や捻挫などスポーツでも起きやすい怪我に対応できる応急処置です。
怪我が発生したら、少しでも早くRICE処置を行うことが大切です。処置が早ければ早いほど怪我の回復は早くなります。※RICE処置は、あくまでも応急処置です。

RICE処置だけでなく、実際復帰するためにはその後のメンテナンスもとっても大事です!
柔道整復師は怪我の直後のRICE処置はもちろん、その怪我がどういう損傷をおこしているか、どこから痛みが出ているのかを突き止め施術するプロです。また、画像診断などが必要な場合は、適切な医療機関にご紹介しますのでご安心ください。

特殊電療器 ダイナトロン950plus

超音波治療器に加え様々な周波数電流をコンビネーションすることで、様々な症状に対応しています。
アメリカで最も有名な複合コンビネーション器です。
プロスポーツ選手の怪我の処置にも用いられ、組織の修復を早め腫れを軽減し、硬くなった組織を柔らかくして痛みの感覚をやわらげることができます。

※必ず専門知識をもったスタッフが最適な効果を考え使用します。患者さんに「この辺にこんな感じでしといて」なんて使い方はいたしません。

※効果には個人差があります。

©2018 たかや鍼灸・整骨院