【快眠のコツ】睡眠は最強の解決策!!

みなさんこんにちは!たかや鍼灸・整骨院の山内です。

 

10月に入り、すっかり過ごしやすい季節になりましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいです。そのため、食事やしっかりとした睡眠が大切になります。

今回のテーマは しっかり睡眠をとるために心がける4つの習慣 です。

 

世界的に活躍され人気あるスポーツ選手は、激しいトレーニングだけでなく睡眠のおかけで成功していると言っても過言ではありません。適切な睡眠をとることは良いパフォーマンスをするためにも必要不可欠です。

良い睡眠のコツを知って、朝スッキリと起きたい方、日常生活でのパフォーマンスを上げたい方、ぜひ試してみてください。

 

1.すいみんサイクルを中心にスケジュールを立てる

睡眠は通常1.5時間サイクルで測定されます。これは、人の身体が睡眠すべての段階を通り、そして完全に回復させるために必要な時間なのです。

大人に推奨されている睡眠サイクルは一晩で最低5サイクル、つまり7.5時間の睡眠です。

一人ひとり自分に適したスケジュールに沿って睡眠をとることが大切です。

たとえば、朝6時半に起きるという人は23時にねるとスッキリ起きられるそうです。

朝7時に起きるという人は23時半が最適かもしれませんね。

スケジュールを立てても最適な時間にねることができなかった場合は、次の睡眠サイクルに入るまで1時間半ほど待つと良いかもしれませんが、難しい方は寝る時間帯を決めることをおススメします。

 

2.寝室はできるだけ暗くする

部屋の電気は睡眠に大きな影響を簡単に与えます。

人間の身体は実際にまぶたを通して光を感じていますので、電気がついていると脳は昼と夜を混同し睡眠を促進するホルモンでもあるメラトニンの生成を停止してしまうのです。

電気を消すのはもちろん、カーテンを閉めて、電気機器のディスプレイのボタンの光を隠すようにしましょう。

できるだけ暗くしてねると、睡眠のすべての段階もしっかり通過して朝がスッキリ目覚めることができますよ。

 

3.正しい食事をする

食生活は健康や見た目にも大きく影響を与えます。

同時に睡眠の質にも影響を与えることは皆さんご存知でしたか。

カフェインや脂っこい食べ物など砂糖が多く含まれているものを摂取すると、身体が消化するのに時間がかかるので体温が上がります。

ねる時に体温が高くなるのはよくないことです!!。

睡眠を促進させるアーモンドや、寝る前に適量食べておきたい健康的で効果のあるクルミがオススメです。

クルミには、オメガ3脂肪酸が含まれていてセロトニンの生成をスタートさせるのに役立つため、睡眠の質を向上させるそうです。

もしも、アーモンドやクルミがあまり好みでない場合は、一杯のカモミールティお米一杯摂取してみましょう。

これらの食べ物は身体をリラックスさせる効果が期待されます。

4.耳栓を使う

ちょっとした音で起きてしまう方にとって耳栓は役立ちますよね。

そこまで音が気にならないという方でも、専門家は耳栓を使うことをおススメしているそうです。

予期しない小さな音が実は睡眠のじゃまをしてしまい、睡眠の質を下げてしまうのだとか・・・

耳栓をもし選ばれる時は、騒音減すい指数を確認しましょう。

ほぼすべての音をしっかり防ぎたい場合は、1番高い指数39db(デシベル)の耳栓がオススメです。

 

最後になりますが、ストレスや心配事も睡眠への悪影響を及ぼします。

「ねる前はできるだけ落ち着いてリラックスしましょう」と言葉でいうのは簡単でも、行動に移すのは難しいですよね。

ですが、効果的で助けになるコツはあります。 私も習慣で行っている ”瞑想” です。

多くのスポーツ選手は集中するためや、頭をスッキリさせるために瞑想をしているそうですよ。

 

自身の生活リズムや食習慣を見直し、睡眠こそ最強の解決策でもありますのでぜひ意識してみて下さい。

体調不良や不眠で悩ませている方、お気軽にご相談下さい。