【夏の健康対策】習慣化がヒケツ

みなさん、こんにちは。たかや鍼灸・整骨院の山内です!

この時期には、長期の休暇やお盆休みを取得して、旅行や帰省などで遠出をされるという方も多いとことでしょう。

また逆に、人が多く流れるこの季節だからこそ、業種によっては仕事が通常より忙しく、交代で休みを取得するという方や、少し落ち着いてから休みを取得するという方もいるかもしれませんね。

 

8月はなんとなく他の月と違う雰囲気がしませんか?

お盆休みのせいか、過ぎゆくなつの名残りのせいでしょうか...

 

今回は、そんな8月に気を付けたい過ごし方についてです。

日常生活でできる、夏の健康対策と題して、”熱中症”冷房病””紫外線””熱帯夜”の対処方法と、暑さから身を守るためのポイントをご紹介します。

これらの対策を取り入れ、厳しい夏を無理なく乗り切りましょう!!

 

熱中症の予防法

1.暑さを避ける

2.こまめにミネラルを含んだスポーツドリンクなどを補給する

3.体調や体質、生活習慣に気を配る

熱中症になってしまった場合の応急処置

早めの処置が何より大切です。熱けいれん(こむら返り)の症状であれば、涼しいところで休み、スポーツドリンクを飲ませることで回復しますが、重症(気を失う、呼びかけや刺激に対する反応がおかしい、手が震える、手足が動かない)ならば、迷わず救急車を呼ぶだけでなく、到着までの間、身体に水をかけうちわで扇いだり、首まわりの大動脈に氷を当てるなど、身体を冷やす処置が大切です。

また、意識がなかったり、嘔吐している場合で水を飲ませると呼吸困難となり最も危険な状態となりますので、飲ませないようにしましょう。

屋外だけでなく、室内でも起こります。朝食をしっかりとり、水分補給は特に重要です!!

 

冷房病の予防法

1.外気との温度差を5℃以内にする

 室内設定は27℃~28℃が理想

2.冷気を直接肌に当てない

 ひざ掛けやカーディガン、大きめのスカーフがあるといいですね

3.毎日の入浴習慣をつける

 夏はシャワーだけで済ませてしまいがちですが、お湯につかることで、全身の血流を改善させます

 半身浴足湯が効果的です

4.温かいものを食べる

 暑いときこそ、栄養のある温かいものを食べましょう。夏バテ予防にもつながります。

冷房病には、血行促進を!

症状は身体の冷えだるさしびれむくみ頭痛肩こり神経痛下痢・便秘食欲不振を生じます

 

紫外線への対策

1.しっかりとした生地の服を着る

2.帽子をかぶる

3.日傘を使う

4.日焼けクリームを使う  ※7月1日のブログで詳しく紹介していますのでご参考に!

 

熱帯夜の対策

1.室温は26℃~27℃に保つ

2.エアコンのタイマーは1時間程度にセットする

 寝る1~2時間まえに冷房をかけておけばタイマーが切れても快適さは続きます

3.除湿機能を使う

 睡眠に理想的な湿度は60%前後といわれています

 適度な湿度が保たれていれば、気温が30℃でも寝苦しさは全く違ってきますよ

 

体調を崩さないためのポイント 

1.規則的な生活をする

2.冷たいものの飲食はもどもどに

3.適度な運動をする

4.ストレスをためない

5.しっかり睡眠時間をとる

 

毎日の暑さと、夏休みのイベントで疲れがたまりがちな季節ですが、体調には気を配り無理のないようにお過ごし下さい。