【健康管理】冬は特に○○に気を付けて!!【痰の原因とは⁉】

こんにちは、たかや鍼灸・整骨院の山内です!

年の瀬の、寒さの身にしみる季節となりましたね。

皆様、体調は崩されていませんか?

 

寒い季節は、風邪やインフルエンザ、ノロウィルスの対策が健康管理の一環として必要ですよね。

もしも感染してしまうと、単に自分が困るというだけでなく、身の周りの人にも迷惑をかけてしまう恐れがあります。

病気によって体調を崩し、その対応を誤ってしまうと、その病気を広げてしまいかねません。

先月 ”インフルエンザ” について書かせて頂きましたが、規則正しい生活や、バランスの取れた栄養摂取はもちろんのこと、

もしウィルスの標的になってしまったら、速やかに適切な対応をとることも求められますよね。

 

今回は、冬の季節で特に気を付けたい ” 乾燥 ” について書いていこうと思います。

喉が乾燥すると感染症にかかるリスクが高くなり、かかってしまうとその症状が悪化しやすくなります。

そのため水をこまめに飲むだけでも予防となります。

仕事中でも1時間に1回など、時間を決めて水分補給すると乾燥は防げます。

また、場合によってはマスクをすることも乾燥対策になります。

マスクで口を覆っていれば、それだけ乾燥しにくくなりますよね。

これらの方法を用いれば喉の乾燥を防げますので、結果的に感染症の予防になります。

 

あとは体力の維持に努めるため、きちんとした休息をとることも大事です。

仕事の状況にもよりますが、できる限り残業は避け夜は早く寝ることが体力を維持するためのポイントです。

 

健康管理は季節に関係なく1年を通して行う必要がありますが、

冬の季節は特に体調を崩しやすいため、意識的に注意していきたいですね。