【いい肉の日】必見!お肉の○○な話♪【隠語】

みなさん、こんにちは!たかや鍼灸・整骨院の森定です。

そういえば、11月は記念日が多い月で有名な月ですね♪
お肉好きの方たちはもう、お気付きかもしれませんが
本日は「11月29日(いい肉の日)」です!!

ということで、今日は食卓のお肉を1.7倍美味しく頂くために知って為になる肉知識をご紹介させていただきます。

たいていの国の人は、花を愛し、人や町にも花の名を使いますよね。
スーパーマリオの主人公も強くなるためにファイヤーフラワーをとりますが
日本人も花を愛しており、なんと!食べるためのお肉にも、花の名前を付けていたことはご存じでしょうか?

桜(さくら)は馬肉、牡丹(ぼたん)は猪肉、紅葉(もみじ)は鹿肉、柏(かしわ)は鶏肉になります!

一昔前までは、宗教などの関係でお肉が食べられない僧侶や食肉を禁止された時代に、お肉を植物に例えて、隠語を作りお肉を食べていたそうです。

隠語の由来はそれぞれございますが、その中でも本日は鹿に的を絞ってご説明させていただきます。

鹿にもみじという隠語を付けた理由は、花札の紅葉(10月札)に鹿が出てくるためらしいです。

ちなみに、この花札の紅葉(10月札)に出てくる鹿が、そっぽを向いている所から、シカトという言葉ができたといわれています。

おまけとして…
鶏が柏といわれる理由ですが、鶏の色が柏の葉っぱの色に似ていたところからついたといわれています。
そのため、柏とは日本に昔からいた、茶色の鶏のことをいい、多くの人がイメージする白色の鶏ではないそうです。

丸亀製麺さんで「かしわ天」を初めて目にした方も多いと思いますが
こういう理由があったんですね♪

肩こりや腰痛でお悩みの皆様も痛みが現れるのには理由がございます。
いつでもご連絡お待ちしております。